【関連サービス紹介】

職場の人間関係が深まり、仕事がスムーズになる コミュニケーションスキルUP講座

短い言葉で核心を伝える スピーチ・説明力UP講座


logo
以下の音声プレイヤーを再生すると、音声でお楽しみいただけます。

梶村せんせ、急患です!



野口急ぐの?



梶村だいぶ



野口今から製薬会社さんと接待なんだけど



梶村ちょっと



野口今日はだいぶいい店なんだけどな。女の子がいるところ



梶村ちょっとせんせ



野口しょうがないなー。どんな患者さん?



梶村


お名前:レッツゴウさん
性別:男性
年齢:43

管理職として、いままでとはまったく畑が違う部署に異動しました。
叩き上げの部下を管理しなくてはなりません。
実務経験、知識、能力は、彼らの方が私よりもはるかに上です。
そんな中で、彼らを指導育成し数字を上げる必要があります。
部下から一目置かれ、信頼されるためには、どうすればいいのでしょうか?



野口んじゃ手術室へ運んで



梶村大掛かりになりそうですか?



野口15分で終わるよ



梶村では日帰りできますね



野口はいもちろん。
本部から管理職が現場へ派遣されてくれば、当然現場のほうが現場を知ってるよね。



梶村「現場を知らない奴がなに言ってやがんでい」と思われて当然かと



野口で、気をつけないといけないのは「一目置かれたい」「上に立ちたい」という気持ち



梶村いえでもせんせ。なめられたくないじゃないですか



野口それそれ!「なめられたくない」その気持ちが失敗を引き起こすわけ



梶村あらそうなんですの



野口偉そうにすればするほど反発されるからね



梶村そういうものですか



野口まずは「業務を教えてもらおう」という姿勢でいないと



梶村そんな下からいく感じでよろしいので?



野口人生は下からいく人の勝ちよ。恋愛でもなんでも下からいくのが正攻法。
「みなさんのほうが業務はご存知と心得ております」という姿勢で接することが大事。
そしてとにかく、現場のことはしっかり勉強してください。



梶村それで下の人はちゃんと言うことを聞いてくれます?



野口徐々にねー



梶村徐々にかー



野口管理職の仕事は、現場と本社の意向をつなぐ役目。
だから、どちらかというと現場寄りの態度を心掛けるようにね。現場の人の声をちゃんと聞くこと。
本社のしくみで現場の人がやりにくいことを把握すること。
そして彼らが仕事しやすい環境を作っていく。
すると「今度来たマネージャーはよくやってくれるね」なんて言われる日がやってくる



梶村「本社から派遣されてはきたけど私はあなたたちの味方ですよ」というスタンスですね



野口そーゆーこと、それが何より重要
あと、管理職の仕事は、未来に向かっての新しいビジョンを描くことなのよ。



梶村といいますと?



野口現場の人はどうしても目の前の数字や成績でいっぱいいっぱいになりがちでしょ。
管理職はもっと広い目を持つこと。業界全体がどうなっているのか、お客さんの動きはどうなっているのか、私たちはこんな方向へ向かって動いていきたいとか、今のままではこんなふうに危ないとか。
そういう大きなビジョンを示せることが大事。
そうなると現場にいる人からは「さすがインテリだ」とうわさされることでしょう。



梶村「インテリ」いい響きですこと



野口人を使うというのは難しいこと。いきなり「尊敬されたい」「一目置かれたい」と思わないほうがうまくいくよ。覚えといてね。ということでね、適当に包帯巻いてお薬出しといて。



梶村おだいじにー



【関連サービス紹介】

職場の人間関係が深まり、仕事がスムーズになる コミュニケーションスキルUP講座

短い言葉で核心を伝える スピーチ・説明力UP講座