【関連サービス紹介】

職場の人間関係が深まり、仕事がスムーズになる コミュニケーションスキルUP講座

短い言葉で核心を伝える スピーチ・説明力UP講座


logo
以下の音声プレイヤーを再生すると、音声でお楽しみいただけます。

梶村せんせ、急患です!



野口今ちょっと他のドクターからも相談受けてて手が離せないんだけど。



梶村あらどうされたんですか?



野口ドクターのヤブさんがみんなから「ヤブ先生」て呼ばれて、患者から不安がられてるらしくて。



梶村それは焼酎でも飲みながら解決してあげてください。



野口じゃ後にしてもらおうかな。患者さんは?



梶村


お名前:MKさん
性別:男性
年齢:39

職場の苦手な人への対応について対応方法を教えてください。
その人は、50才くらいで、外注先のリーダーです。自分が挨拶しても無視されます。また、私の悪口を同僚に話していました。
嫌われた理由は、10年以上前に、相手の話す内容が理解できず、怒られたことがあり、今も尾を引いていると思います。元々私が相手の意図を汲み取れずイライラさせてしまったこともあり、向こうからは無視されても挨拶だけは続けていました。しかしあまりにも無視され続けるのでこちらも疲れてしまい、数ヵ月前から挨拶をやめました。ただ、その人だけ挨拶しないようにしたので、相手を更に怒らせないか心配です。
関わらないようにしたいのですが同じフロアということもあり、かかわりをゼロにする事は難しいです。どうすればいいでしょうか?



野口なんか古傷をひきずっていらっしゃる。



梶村こじらせちゃってますね。



野口もうちょっと早く診せに来てほしかったねー。こんなになってからだと困るなあ。



梶村10年かかえてしまわれたようです。



野口これはだいぶ難しい手術になるわ。



梶村時間かかりそうですか。



野口んー、つまりその人ともう少し関わりを持たないと。



梶村も…ちますか?この状態ですけれども。



野口関係修復するんでしょ?したくないの?



梶村そこがもうMKさん自身もわからなくなっちゃったのかな、なんて。



野口来院されたということは事態を打開したいんでしょうよ。
修復するのであればもう少ししゃべるチャンスを増やすことじゃない?



梶村ふむー



野口でも今さら、「野球はどこのファンですか?」とか。



梶村「今日もいい天気ですね」とか。



野口そういうことじゃないわけです。で、いちばんいいのは「仕事の話」をすること。



梶村必要な話をするということですね。



野口一緒のフロアなんですから今までも仕事の話は必要だったんでしょう。でも避けてきたのでは?



梶村そうかもしれないですね。



野口仕事の話なら向こうも応じざるを得ない。無愛想にでもね。
「この件についてご存知だったらと思って」「もしアドバイスがあれば」とかそんな感じで。



梶村話しかけるわけだ。



野口小さい関わりから作って、いらぬ話はいっさいしなくていいし。



梶村変にプライベートに踏み込むような話はしなくていいと。



野口なるべく手短に。「これお願いしておきますね」「…ぁぁ」くらいの会話で構わないから。
そうしたら今度は、その件に関してお礼を言いに行ったりとか。



梶村小さーい接点を増やして行くんですね。



野口そうすると挨拶もしやすくなるはず。相手もだんだん、最近MKさん話しかけてくるな、と気付きはじめる。すると、挨拶くらいしてやらんといかんかなと反省するかもよ。
で、ちょっとずつ関係がよくなる。…かもしれない。



梶村かもしれない。



野口10年来の古傷ですからそう簡単にはいかんよ。



梶村コロッと関係が変わったりはしないですよねー



野口地道に地道に続けていけばいつか変化があるかもしれないから。
ということで、しばらく定期的に来院ください。



梶村おだいじにー



【関連サービス紹介】

職場の人間関係が深まり、仕事がスムーズになる コミュニケーションスキルUP講座

短い言葉で核心を伝える スピーチ・説明力UP講座