【関連サービス紹介】

職場の人間関係が深まり、仕事がスムーズになる コミュニケーションスキルUP講座

短い言葉で核心を伝える スピーチ・説明力UP講座


logo
以下の音声プレイヤーを再生すると、音声でお楽しみいただけます。

梶村せんせ、急患です!



野口今日はちょっと無理かなー。悩みができちゃってねー。



梶村それは困りました。



野口私には3歳になるかわいい甥っ子がいるわけよ。あんまり好かれてないんだけれども。



梶村あら残念。



野口そこで最終兵器。「クリスマスに欲しいもの買ってあげよう」って言えばこれでもう人気間違いなしでしょ。ショベルカーが欲しいらしいわ。



梶村物で釣るのがいちばんですからね。



野口そこで問題発生しちゃって。私毎年クリスマスは、赤い服着てサンタになって甥っ子にプレゼント渡してたわけ。そしたら、ショベルカーをあげる約束したのは私でしょ。じゃサンタのプレゼントはどうするんだと。



梶村それはまずい。



野口私とサンタとプレゼント2個いるわけ?どうしたらいいのこれ。おじさんがサンタなんだと打ち明けるしかないかと思って。



梶村3歳で夢が崩壊しますね。



野口どうしよ。どうしたらいい?



梶村おじさんからサンタに言うとくわー、じゃダメなんですかね。



野口それだとサンタからのプレゼントになっておじさんの人気が出ない。



梶村ま、あの、その悩みはまた後日ということで。なんなんだこの話…


お名前:sasakiさん
性別:男性
年齢:55

若い部下を飲みに連れて行くときに気をつけなければならないことはどんなことですか?
出来れば、うっとうしがられない、大人の男としてさすがと思われたい、と思っています。



野口55歳!だいぶおじさんだな!と思ったけど年下だったわ。



梶村加齢あるあるですね。



野口おじさんだから話が合わないだろうなーと思ったらバッチリ合ってびっくりするよね。



梶村よくあることです。さ、治療をお願いしますよ。



野口この人はね、もう間違いなく思われますね。



梶村さすがと?



野口いいえ。うっとうしいと。



梶村あ、そっち。



野口この問いの中に答えが入っています。「大人の男としてさすがと思われたい」これがもう最高にうっとうしい。



梶村あららら



野口「さすがと思われたい」なんて思っていると、「自分の若い頃は」とか「そういうときはこうしたらいいんだよ」とか、知らず知らずのうちに自慢やアドバイスの話が増えてしまいます。



梶村それはうっとうしい。



野口それが50代60代のおじさま達の困ったところ。



梶村そういう話の方が「さすが部長だな」「乗り越えて来られたんだな」とか。



野口思われないから。



梶村あ、そーですか。



野口どっちかというと、どんな失敗をしたかという話のほうがおすすめ。「大人も怒られるんだよ」と。



梶村なるほど。



野口「先週ね」と。



梶村意外と最近。



野口「何十歳になっても怒られるんだよー」と素直な話をするわけです。



梶村そのほうが親しみはわきそうですね。



野口あの人面白いよね、威張らないよね、そんなふうに思ってもらうほうが結局慕われます。



梶村気取ってないほうがいいんですね。



野口そして最後は、金払い良くしましょう。



梶村それは大事。



野口これはカップルでも同じなんですが、お支払いはさっさと済ませておきます。トイレに行ったついでにでもね。



梶村みんなが見てる前で「ここは私がね、私にね、任せてよ。私が払うから」とかアピールしない。



野口それものすごくうっとうしい。



梶村ですよね。



野口ぼちぼち帰ろうかと投げかけて、お支払いは?と聞かれたら「ここはタダなんだよ」とね。



梶村ああカッコいい。



野口「走って逃げるぞ♪」もおすすめです。



梶村そんなん言われたら好きになりそう。



野口「つかまるなよ!」「払ったような顔をしてそーっと出るから」とか、いろんなバージョンがあります。



梶村これはセンスですね。



野口そう。そういうところでも、面白い人だな、また一緒に行きたいなと感じてもらえるわけ。これが若い人と付き合うコツです。



梶村さすがと思われたいは忘れていただきましょうか。



野口この人にはね、自慢が止まる薬を出しときましょう、正露丸みたいなやつ。



梶村お腹の調子も整いますしね。おだいじにー



【関連サービス紹介】

職場の人間関係が深まり、仕事がスムーズになる コミュニケーションスキルUP講座

短い言葉で核心を伝える スピーチ・説明力UP講座