【関連サービス紹介】

職場の人間関係が深まり、仕事がスムーズになる コミュニケーションスキルUP講座

短い言葉で核心を伝える スピーチ・説明力UP講座


logo
以下の音声プレイヤーを再生すると、音声でお楽しみいただけます。

梶村せんせ、急患です!



野口今ちょっと落ち込んでるんだよね私。急患は無理かな。



梶村もー。今日はどうなさいました。



野口6万5千円のセーター買わされちゃったんだよね。



梶村たっかー。



野口行きつけのお店の店員が「これドクターのためにとっておいたんですよ」って言うわけ。すごく良かったから「じゃあそれとこのパンツも一緒にもらっとこかな」ってカードを出したときに「このセーター6万5千円するんです」って。



梶村値段言うの遅いですね。



野口そうよ。支払う直前にそんなん言われて「ええええっ!」て私言うじゃない。そしたら「早くしまっちゃおー♪」て包みよるんだこれが。



梶村なんでそこで断らなかったんですか。



野口もんのすごいかわいいのその人。Gカップぐらいある。



梶村そりゃ最高だ。



野口それを気にしないように、見ないように、これまでも接客されてたわけよ。こうサイズを測られるときは息を止めてね。全身から私のにおいがしないようにね。で、どんな患者さん?



梶村何の話ですかいったい…


お名前:あおい
性別:女性
年齢:34

私は営業をしています。年末、本社に行ってとても厳しい上司数名の前で、今期自分で設定した売り上げ目標数字と、達成率を報告しなければいけません。
しかし達成率は60パーセントと悪い数字なので確実になじられます。報告の時に少しでも怒られない為の気をつけたらいいことはありますか。



野口あおいさんはひとつ思い違いをしていますね。



梶村思い違い?



野口「怒られないように」ここです。怒られないようにすると、怒られます。



梶村えー。だってここを治療してほしいんじゃないですか。「怒られないために」って。



野口と思えば思うほど怒られます。



梶村げー。



野口上司も達成率60%で全然怒らないわけにいかないでしょうが。「よく頑張ったね」とか「ドンマイ」とか。



梶村「また次に頑張ればいいから」とか。



野口なるわけないでしょう、小学校じゃないんだから。



梶村ですよね。



野口「怒られる」と思っていくこと。「怒ってください」という姿勢で。



梶村んー、避けようがないですか?



野口避けようがないです。「怒ってください」という姿勢でいくと、怒られる時間が短くなります。



梶村短くなるだけかー。なくなりはしないんですね。



野口向こうも仕事ですから、ちょっとは言わないと。なじるのが仕事です。



梶村あらやだ。



野口しかも上司は何人かいるんでしょ。他の人もいるのに一人だけ優しく言うわけにもいきません。



梶村そうですよね。



野口「達成率は60%でした、申し訳ございません。後ほど厳しくご指導頂戴したいと思っております」と口火をきる。



梶村そこから話を始めるんですね。



野口そして「なぜ60%だったのか」「どうすれば来年は100%になるのか」具体的な方法をちゃんと考えて「このような方策を考えておりまして、すぐに実行できるように準備しております」と続ける。



梶村そこを用意してから臨まないといけないんですね。



野口そりゃそうよ。「どうするんだ!」って詰められるんだから。



梶村「どうしましょう」じゃダメですもんね。



野口来年どう対策していくのかが決まっていると、怒られる時間は短くなります。



梶村じゃあ、怒られる覚悟をしていくことと、次にどうするかを準備していくということなんですね。



野口そうですね。この方には怒られても気分が高揚するようにアルコールを出しておきましょう。



梶村消毒用じゃなくて飲む用ですね。いっぱいひっかけてください。おだいじにー。



【関連サービス紹介】

職場の人間関係が深まり、仕事がスムーズになる コミュニケーションスキルUP講座

短い言葉で核心を伝える スピーチ・説明力UP講座