【関連サービス紹介】

職場の人間関係が深まり、仕事がスムーズになる コミュニケーションスキルUP講座

短い言葉で核心を伝える スピーチ・説明力UP講座


logo
以下の音声プレイヤーを再生すると、音声でお楽しみいただけます。

梶村せんせ、急患です!



野口またですかー



梶村またなんですよー。今日はですね、


お名前:ネクタイくん
性別:男性
年齢:38

ゆとり世代に困らされています。なぜあんなに「気付かない」のでしょうか。コピー機の紙は掃除のおばちゃんが補充しているとでも思っているのか、指示がないとやらないし、でも始業前の事なので指示もしにくいし、誰がやってもいいことと言えばそうなので、やはり言いにくい気がしています。目の前で先に出勤した先輩社員がやっているのも見ているはずなのですが、なぜかやってくれません。



野口これは見とらんのだね。



梶村見とらんのですか?目の前で先輩がやっているそうですけども。



野口目の前でやっていても目に入ってないんだよねこれね。この気付かないタイプと仕事をするのがしんどいというのはすごくよくわかるよ私は。



梶村あらそうでしたか。



野口私この間一緒にゴルフに行った奴が、この気付かないタイプでね。そりゃーもうイライラしまくりよ。



梶村あらまー。



野口この季節は芝も伸びて、そこにボールがはまると探すのも大変なわけ。だから、誰かが芝にボールを打ち込んじゃったらメンバーみんなが一緒にボールを探すんです。



梶村なるほど。



野口でね、わたし芝の中に打ち込んじゃって一生懸命探してもなかなか見つからなくてね。そうこうする間に「そういえばあいつはどこへ行ったんだ」と。私一人で探しているようだけどもと。



梶村どこに行ったんでしょうね。



野口そいつはのん気にグリーンにいて素振りとかしてたわけですよ。



梶村せんせのボールを一緒に探すこともなく?



野口そうですよ。その後も、そいつが前の組にボールを打ち込んじゃって、謝りに行くのかなと思ったら全然行かなくてね。結局別のタイミングで私が「先ほどはどうも申し訳ありません」て。



梶村代わりに謝ったわけですか。



野口そうですよ。なんで私が怒られなあかんねん。



梶村えらい目に合いましたね。



野口気付かん奴というのはそういうもんです。二度とそいつとはゴルフ行きませんよ。ということで今日はこのへんで。



梶村あー、せんせ。ネクタイくんが待っています。



野口はいはいそうでした。これはね、仕事です。私のように遊びのことはいいんですが、仕事なので言わなければなりません。



梶村言わなきゃ伝わりませんか?



野口言わなければダメです。「ここはこういうふうに動いてください」と明確に。「朝来たらコピー機を見て、用紙が少なくなっていたら足してください」とね。



梶村そこまで指示するんですね。



野口言わなくてもわかるだろう、言わなくてもわかってほしい、という考えは捨てることです。



梶村見て学んではくれないのですね。



野口見てませんからね。



梶村「始業前のことである」「誰がやってもいいこと」というあたりもネクタイくんに指示を出しにくくさせているようですが?



野口最近の会社は遠慮しすぎです。これは言ってはいけないのでは、嫌な思いをさせるのでは、と思いすぎな気がしますね。ひとつひとつ仕事を覚えるというのは新人にはとても大事なことですから。



梶村そうですよね



野口「これは始業前のことなので義務ではないんだけど、あなたは会社の戦力としてはまだ未熟。みんなのサポートをするつもりでこういったことに気をつけてみて」「こういうことに気を配ってみて」と。



梶村いい言い方ですね。



野口「気がつくというのは、それだけ仕事の力がつくということだからね」と伝えてみてはどうでしょう。



梶村それなら納得できますね。



野口ゆとり世代は甘いので、あまーいのど飴を出しておきましょう。



梶村かしこまりました。おだいじにー



【関連サービス紹介】

職場の人間関係が深まり、仕事がスムーズになる コミュニケーションスキルUP講座

短い言葉で核心を伝える スピーチ・説明力UP講座